二つの引越し業者を利用して思ったこと

長年一人暮らしで頑張っていた父がいよいよ老人ホームにはいることになりました。
老人ホームでは一部屋しか与えられないとはいえ、ベッドやテレビ、テーブル等があり、私達兄弟で出来る引越しレベルではなかったので、兄が以前使ったことがあって値段が安かったカルガモ引越しセンターを使うことになりました。

お正月明けすぐの4日に引越しとなったのですが、快く引き受けて下さり、事前のメールのやり取りもスムーズに運びました。
しかし当日になると、12時の約束がカルガモの都合で4時になりました。

たまたま今回は、距離がさほど遠くなかった(山手線の中から東京よりの千葉県)ので、料金が安いし、仕方が無いと思ってとりあえず到着を待ちました。
予定の4時よりは少し早く来てくれたのは良かったのですが、なんとも手際が悪く、挙句の果て、積むはずのマッサージチェアーが積まれていないことが引越し先でわかりました。

カルガモさんが言うには、家の父にこれ(マッサージチェアー)もですかと聞いた時、違うと言われたので積まなかったと言うのですが、父はそういった記憶がないそうです。
確かに耳も遠くなっている老人がいうことだから、半信半疑なのですが、事前に出した引越しリストにはマッサージチェアーも入っていたので、車を出す前に、もう少し、確認を詰めて欲しかったと思うのは、利用者側のわがままなのでしょうか?現地での搬入は、傷をつけたりはなく、それなりの仕事をしてくれたので、別に不満は無かったのですが、とくに満足だったという気もしませんでした。

それから約1ヵ月後、今度は私が引越しをすることになりました。
同じ区内の移動で、距離的には歩けるくらいだったので、引越し業者を使うこと自体抵抗があったのですが、やはり家具の量からすると使わざる終えない状況だったので、ちょっと引越し会社のリサーチをしてみることにしました。

まず、料金の安さで調べると、やはりカルガモが候補にあがりました。
しかし口コミを見ると、あまりいい評判ではなく、前回のこともあったので、カルガモは候補からはずしました。

結局たどり着いたのが、アート引越しセンターでした。
過去に一度も使ったことはありませんでしたが、コマーシャルの歌が口ずさめるほど良く知った会社です。

ヤマトもそうですが、一般的に大手は値段が高いイメージがあり、ずっと避けてきたのですが、単身用のパッケージで、お手軽なのがあるということなので、見積もりを出したところ、3万ちょっとでした。
きっと安いのだとは思いましたが、先にも言ったように、距離がちかいので、少し考えていたら、早速アートのほうから電話があり、状況を聞かれました。

私がちょっと渋っていると、ちょっと待ってくださいと言われて、1分ほど保留にされた後、もし私の方で梱包をすることと、引越し開始時間は2日前に確定でもよければ2万5千円で出来ると言われ、そんな条件で5千円以上も安くなるならと、即決めました。
引越し4日前には、記録的な大雪で、若干不安を抱いていましたが、約束の2日前にはアートから当日の引越し開始時間の連絡があり、当日も時間通り来て、すべて丁寧に運んでくれました。

荷物を積み終わった時と、引越しが全部終わって最後にトラックが空になった時も、立会いの確認をして、双方のサインをするなど、手際といい、手続きといい、すべてがきっちりしてました。
最後に、向こう半年間家具の移動が無料で出来ることも教えてくれて、ほんとに手厚いサービスが受けられました。

潜在的に、大手は高いと思っていたのですが、今回の経験で、いろいろ考え方が変わりました。
逆に言うと、安いと思っていたところは、総体的に見ると、ほんとは安くないということもわかりました。

何事につけ、偏見は持たずに、リサーチ等をして、正しい判断が必要だと思いました。