家を建てて気づくこと

家を建てて気づくこと

rainbow

引っ越しのコツ

私の引っ越し経験の一つは一般的な引っ越しと違って飲食店店舗の引っ越しを経験しました。
もちろん一般的な引っ越しアパートからアパートなども、自分はもちろんの事友人の引っ越しにも数多く携わりました。

しかし店舗だろうがアパートだろうがやる事は一つ。
引っ越す事だけ。

一番のコツは最初の仕分けだけです。
なかなか、どこから手を着けて良いか困ってしまうようです。

そんな時は目の前の物に手を着けてしまえば後はひたすら仕分けしながらまとめて行けば良いだけです。
この際、棄てる物を見極められると引っ越し先のお部屋の整理が早く出来ると思います。

店舗の引っ越しでは家具類が多く一度に運ぼうと思うと2t車が必要になるところです。
私の場合は業者委託をケチったので、移動距離にして片道8km程を軽トラで7往復程して搬送は完了しました。

仕分け梱包が出来てしまえば運ぶだけなので、この引っ越しもたった1日、たった一人で出来てしまいました。
もちろん仕分けとダンボール箱への梱包作業は4、5日かかりましたがね。

ともあれ、仕分けと梱包次第であとは楽チンです。
これから引っ越される皆さん頑張って下さいね。

単身で引越しする場合には、複数社に見積り依頼することがポイントです。
こちら:引越し単身パックの選び方
から選び方など参考にしてみましょう。

忘れ物注意!

忘れ物注意!ご存知の方もいらっしゃると思いますが、荷造りは自分でやると格安で済んでしまいます。
業者さんに全てやってもらうパターンもありますが、少し割高になる事は否めません。

時間が作れる場合は極力自分で荷造りするといいと思います。
忘れがちなのは郵便関係ですね。

うっかり気にせず何ヶ月も自分宛の郵便が届かないなんて思ったら転出してない場合も。
引っ越しの際は郵便局に届けするのを忘れずに。

ご近所さんへの挨拶も大事です。
ひょんな所でバッタリ会う事もあるし、何より色々思い出もあるかと思います。

荷造りなんかでドタバタ忙しいかもしれませんが、今迄の感謝の気持ちも込めてご近所まわりをするといいでしょう。
あと大事なのは住民票です。

転勤の場合は関係無いのですが、引っ越しして仕事を探す場合、身分証明が必要ですよね?地元のお役所に転出証明書を出してもらうには、こちらから手紙を郵送しなければなりません。

転出証明が届く迄1週間、長い場合2週間近くかかりますので、意外と時間食うんですよ。
引っ越し前にお役所に行くのがベストです。

引っ越しの際の準備について

自分は、引っ越しをするときはだいたい10日くらい前から準備します。
まず、だいたい10日前くらいから不要なもの(特に大型のもの)の廃棄の手配を行い、準備ができ次第廃棄していきます。

それと並行して、必要なものだけど、もう引っ越しまでの間に使用しないものを段ボール箱に詰めていきます。
だいたい5日くらい前からそれほど劇的に汚れない箇所の掃除をしていきます。

引っ越し先に持っていく家具、家電や、部屋の窓掃除など、家具、家電が邪魔をして掃除できない場所を除いては掃除していきます。
その間、必要なものだけど、もう引っ越しまでの間に使用いないものは順次段ボール箱に詰めていきます。

前日には、引っ越しの当日使うもの以外は段ボール箱につめて、空いた棚などの掃除をしていきます。
段ボール箱に詰める際に、引っ越しの当日に使用するものはまとめて詰めて段ボール箱にわかりやすい名称をつけておきます。

そして、もう当日使わないお風呂などを掃除します。
当日には、荷物の運び出しを行い、家具や家電があったことによって掃除できなかった箇所の掃除を行います。

自分はこのように準備しますが、まだこの先も引っ越しの予定がありますので、更に効率よくできる方法を検討中です。

何度も設計士と話し合い、納得したうえで建てたはずなのに

家を新築で購入した人は必ずと言っていいほど同じことを思ったことがあると思います。
設計の段階で、何度も設計士と話し合い、納得したうえで建てたはずなのにここをこうすればよかったというようなことを思ったことはあると思います。

家を建てるということは、人生での大きな買い物であり、そう簡単に買い換えれるものではありません。
一度建ててしまったら、そこに一生暮らしていくつもりで建てると思います。

しかし、設計図上で完ぺきだと思っていても、実際は住んでみないと家の使い勝手などわからないものです。
うちも注文住宅で新築を購入しました。

最初はあまり慣れずに、ようやく家に慣れてきたころに、あぁすればよかった。
こうすればよかった。

と使い勝手が悪いところが出てきました。
オプション料金を出してまでも、妥協しなければよかった部分も多々出てきて少し後悔もしましたが、今からどうでもなりません。

こんど家をどうかするとなると、リフォームになるし、新築を購入したので金銭的余裕もありません。
家を購入するということは難しいことなのだなと思いました。

引越しのオプションサービスを見直そう

引越しサービスには基本プランとその異本サービスに含まれていないオプションサービスがあって、オプションサービスには別途料金を支払う必要があります。
たとえば、自分で梱包するのではなく、別料金で梱包サービスを利用してしまうと荷物量にもよりますが約3~4万円余分に料金がかかります。

引っ越し先の開梱もお願いするとさらに同程度の費用が発生するので、非常に高額な引っ越しになってしまうので、自分でコツコツと前もって荷造りをすれば、それだけ費用は抑えられます。
料金が高い引っ越しのオプションサービスには乗用車の輸送があり、3万円~5万円かかるといわれていますので、自分で運転していけばその分節約が可能ですね。

その他以外に料金がかかるのが不用品の処分費用です。
前もってリサイクルショップに持っていけば業者に廃棄処分で数千円取られるはずだったものがお金に換えられることもあります。

他にもエアコンの脱着などは自分でやればやれるのでオプションサービスから削ることができると思います。
引っ越し料金のサービスは最低限のものにして、自分でできることは極力自分ですることが一番節約できるということですね。

早くから計画的に準備して、少しづつ片づけておくことでかなりの節約が可能だと思います。

お得な引越しは日程調整と工夫次第

日程にシバリがない引越しは節約できる余地が結構あります。

私は次の3点に着目し、安価で済ませました。

 

まず時間調整。

閑散期を狙うのは常識ですが、搬出の時間帯をお任せにすると値下げする業者があります。
遠隔地へ搬入する場合は時間帯だけでなく日にちに幅を持たせさらにお得に。

急がない大きな荷物だけ搬入する時などは、例えば7日以内に引越し先に届けばよいというプランにし
到着時間を指定しなければよいのです。
飛行機の早割同様、事前予約で割引されることもありますね。
次は特典。
ダンボールやガムテープの進呈は特典でなく、元々引越し料金に含まれているもの。

クオカード等付加価値をつける業者もあるけど、これもしかり。
ダンボールは量販店に恵んでもらえばよいこと。

粗品は必要?考えて!

最後に追加料金。
作業中出たゴミを追加料金で引越し業者に処分を依頼する場合がありますが、
行政の有料収集でコスト減をはかりましょう。

都内の場合、収集窓口に連絡しゴミの量や大きさを伝え処分代を算出してもらい予約を入れます。
相当額のシールを購入し廃棄物に貼り付け予約日に出せばOK。
他の自治体も似たシステムがあるはず。
引越しの日と収集日が合わない時は、不動産会社に建物敷地内の見えやすいところに回収日までゴミを置かせてもうなど相談を。

近くに管理会社があれば、回収前日に廃棄所定の場所に移動するなど対応してくれることもあります。

 

気付かぬうちに損しない様、上手くやり繰りしたいですよね。