家を建て

何度も設計士と話し合い、納得したうえで建てたはずなのに

家を新築で購入した人は必ずと言っていいほど同じことを思ったことがあると思います。
設計の段階で、何度も設計士と話し合い、納得したうえで建てたはずなのにここをこうすればよかったというようなことを思ったことはあると思います。

 

家を建てるということは、人生での大きな買い物であり、そう簡単に買い換えれるものではありません。
一度建ててしまったら、そこに一生暮らしていくつもりで建てると思います。

 

しかし、設計図上で完ぺきだと思っていても、実際は住んでみないと家の使い勝手などわからないものです。
うちも注文住宅で新築を購入しました。

 

最初はあまり慣れずに、ようやく家に慣れてきたころに、あぁすればよかった。
こうすればよかった。

 

と使い勝手が悪いところが出てきました。
オプション料金を出してまでも、妥協しなければよかった部分も多々出てきて少し後悔もしましたが、今からどうでもなりません。

 

こんど家をどうかするとなると、リフォームになるし、新築を購入したので金銭的余裕もありません。
家を購入するということは難しいことなのだなと思いました。